ながらながらのゲン担ぎながら初日を待ちながら

おはようございます。
本日は2013年1月15日。
昨日の雪との戯れに、いろいろな出来事があったのではないでしょうか。
こちらは雪の中での『上野ストアハウス』へ劇場入りとなりました。
本日は仕込み2日目。
初日を待ちながら着々と作業は進んでおります。

さてお待たせしました。
トンカツ党首による恒例のゲン担ぎです。
昨日の昼休憩中ダッシュでカツいできました。
党首たるもの雪の中でもマニフェストは死守です。

本日の活動スポットは、上野駅入谷口と上野ストアハウスを結ぶ道沿いにあるとんかつ屋「まる一」。
入谷口を出てすぐにサンクスがあり、サンクスを右手にした道を進むと大通り(昭和通り)にぶつかります。
そこで左を向けば道なりに「まる一」の看板があります。
とんかつ「まる一」
ちなみに上野ストアハウスは、この大通りを真っすぐ進んで行って(途中で左手側に郵便局があります)、道路の反対側に釣り道具店の大きな看板が見えたら渡って(道沿いには左手側に喫茶店があります)、そのままその脇道を入って下さい。
すぐに中華料理屋さんがあるはずです。
最初のかどを左に曲がればマンション(左手側)があり、そこの地下が劇場になっております。

失礼。
ナビゲートに夢中になってしまいました。
ということで雪の中たどり着いた「まる一」。
コートを脱ぎつつ、案内されたカウンター席に座るか座らないかのタイミングで、すぐに「ロースカツ定食お願いします」と伝える。
『決してメニューを見ない』そして案内し終えた店員さんが『ホッとする瞬間』を狙って注文する。
これぞトンカツ党首のパフォーマンスの見せ所です。

ただしこれだけだと、一見せわしいだけの人に見える可能性があります。
そこでとどめのパフォーマンス!
カウンターに座った時に揚げ氏がチラッとこちらを見る瞬間を狙って『揚げ氏と目線を合わせる』。
そして乙女が恥じらう如く『目線を逸らして照れくさそうに微笑む』。
この瞬間、脇目もふらずトンカツを愛してきた人間像が浮び上がります。

さぁトンカツを揚げ続けてきた者と食し続けてきた者のランデブータイムです。
まさにカウンターは天の川。
織姫と彦星。
はたまたバルコニーの手摺に見えたなら、そこはロミオとジュリエット。
イムジン河に見えたなら…とまぁ思いは様々。
まる一揚げ
さぁ揚げ氏が今、目の前でラブレターを書いてくれています。
ウフフ。
まる一ロース
届きました。
熱々の熱い恋文。
まる一肉厚
肉厚チェック。
脂身の比率に含まれる恋の香り。
ただただトロける…。

ロースカツ定食1,200円。
安すぎず高すぎずまさにベスト!

素晴しい時を過ごし、店を出るとまだ雪の降る景色。
うしろ髪をひかれる思いでまた劇場に戻ります。
この時の心のBGMは上野ならでは「あずさ2号」です。

さて『ゴドーを待ちながら』いよいよ初日を迎えますぞ。

カテゴリー: トンカツレポート, 学問 パーマリンク