誇り高き我が相棒

Facebookなるモノを始めてみました。
しかし私のこの携帯は、どうやらFacebookに向いてないようです。

うっすら見えるかと思いますがVodafoneです。
『SAMPLE』というシールは落ちていたので取り敢えず貼ってみました。
もうコイツとも10年近くの付き合いになります。
何度も落っことしているのに本当に壊れないのです。
バッテリーも持ちます。
たまにフリーズしても電源を入れ直すと不死鳥のごとく甦ります。

この携帯の強み。
初対面の方と連絡先を交換する際にひとネタ盛り上がり、ちょっとした印象付けになる。
この携帯の弱み。
ツイッターやらFacebookへの対応が鈍いので、タイムリーなやり取りはほぼ皆無。

一時の出会いに印象を残すか、幅広い出会いにアプローチするか。
ちょっと携帯の機種変更をするか迷っとります。
周囲の者は「変えろ変えろ」と言うのですが、同時に「まだ使っているの!?」と言う賞賛の声もあがるのです。
ん〜悩む。

何か機種変更すると大事なものを忘れてしまいそうな気がするのです。
日本の伝統を残すかのように。
スマートフォンの時代において、もはや私の携帯は工芸品であり、そして私は職人だと錯覚するのです。
さぁどうしたものかしら…。


この携帯で撮った浅草からのスカイツリー。
何とも情緒溢れるレトロな写真です。
快晴の昼14時に写したのだが…。
勝手にレトロ加工したのか!?

この写真を見たとき、私はこの携帯の持つ美徳に感服しました。
たかが携帯だと思っていたコイツが、自分の価値を主張したんだな…などと思った次第です。
ちくしょう。
こんな面白い相棒と別れるのはやっぱり辛いぜ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク