トンカツを食べる

ということで、本日いよいよ劇場入りしました。
この三日間は「場当たり」といって、シーンごとに明かりを作り、立ち位置、デハケなどを細かく決めていく作業です。
さてそれは夕方からの作業なので、その前に私は恒例のトンカツを食べに行く事にしました。
いつも稽古場での稽古が終わって劇場に入るまでのジンクスとして、こっそり行っているものです。

そして渋谷へ。
何とかつて通ったトンカツ屋(とんかつ富太郎)さんが変わってました!

「富士山ミート!」
ん〜ちょっと不思議な事になっています。
でも一応トンカツ屋さんなので、せっかく来たので暖簾をくぐります。
わりとサラリーマンの方も居て看板とは裏腹に人気のお店なのでしょうか…。
ドキドキしながら入ると、以前の大将が変わらずに揚げていました。
何じゃらほい。
ということで安心して注文しました。

「厚切りトンカツ定食」1,000円です。
どうせ食べるならドーンとね!

このお値段でこのお味なので、僕の一押しのトンカツ屋さんです。
僕の中でトンカツに対する定義というものがありまして、それは「トンカツとは下品でなければならない」というものなのですが、これについては長くなるのでまた別の機会に述べます。

皆さんの一押しのトンカツ屋さんがあれば是非教えて下さい。

カテゴリー: トンカツレポート, 学問 パーマリンク